2014年10月19〜21日の生月島


年に一度五連休を頂けることになっています。
いつにするか、考えに考えて、10月の四週目に設定。
潮が悪い週ですが、行きたい場所があっての設定でした。
行きたいと思っていたのは、石巻の渡波。
十月に行くので、狙いは有名なイシガレイではなく、マゴチのつもり。
渡波は潮が大きいと、激流になってしまうので、この潮を選んでおきました。
しかし、実際に近づくと、気温が予想より下がり、東北は防寒着が必要かも知れない状況に。
直前まで考えて、場所は自分にとってのもうひとつのマゴチ釣り場である、長崎の生月島に変更しました。
飛行機の予約は混んでましたが何とか取れました。
今回は、直前予約のため、マイルは使えず、株主優待券を使用。
飛行機を予約してから、レンタカーを予約・・・
あれ、レンタカーがない!!!
ANAのホームページでは全く出てこないので、長崎空港のレンタカー営業所に直接電話して、何とか確保できました。なんでこんなに混んでるのか全くわかりませんでした。
淡路島で釣った冷凍アジと、ユムシ、マムシを持って出発。
レンタカー屋でようやく混んでた理由がわかりました。長崎では国体が開催されていたのです。
生月島までは高速利用で三時間弱。

■初日
狙いの波止の先端は、予想通りイカ師で満員。
波止の真ん中付近で開始。行ったのが日曜ですから、そのうちみんな帰るでしょうとの目論見。
潮が動き始めた午後三時半頃、まずは一匹目ゲット。

幸先よく、Bランク。
これでBランクは終了です。
あとは、マゴチはAランクと、Dランクが残ってます。
20分後、今度はCランク。でもなんか痩せてます。

暗くなるまで粘りましたが、マゴチは初日はここまで。
波止の先端はと言うと、日曜の夜なのにだれも帰りません。
みなさん、明日は仕事ないの?(^^;)

仕方なく撤収して、ちょっと離れた赤灯台波止を見に行きます。
すると、こちらはだれもいませんでした。
空いてるなら、もう一度セットアップするしかないでしょう。
ここは、かなり船が近くを通るため、投げられる範囲が限られます。
手前は根掛かりゾーンなので、導糸沈めも使えません。
でその船道に投げてた竿。根掛かりかと思いましたが、何回か煽ったら外れ、上がってきたのがこいつ。

マハタのランク物は初めてです。
初日でなければ是非持ち帰って食べたいところですが、リリース。
これで納得して、一旦仮眠。

■二日目。
超美しい朝焼けです。
正面の山、なんとか富士って地元の人は呼んでるだろうなと言う山の形です。

撮影データ
Nikon AW100
オート
露出補正−2 

昨日の波止に行きますが、月曜日の朝なのに、先端には既に五人。
ここは、イカ釣りで超有名ポイントなのです。普通、コンクリートに転々とイカの墨が残っていたりしますが、一番先端は、墨の隙間にコンクリートが見えてました(^^;)
世の中には、月曜が休みと言う人もいます。止まってた車のナンバーは、福岡に佐賀。他県からわざわざ来るほどの有名イカ釣りポイントです。
仕方ないので、前日とほぼ同じ場所に入ります。
前日はどうしたことかエソが全く来ませんでしたが、朝は、30cm弱クラスのオキエソの歓迎。
一本だけ投げてたユムシの竿に寸タラの真鯛。
これはお持ち帰りです。

気を良くして、もう一度ユムシを投入。
すると、ドラグがジャ〜〜〜
で釣れたのは二匹目のマダイではく、マゴチでした。


マゴチは潮が動いた瞬間だけ食ってきました。
元々、渡波に行こうと、潮が小さい日を選んでいたので、あまり潮が良くありませんでした。よって、朝、昼、夕方と潮が動いた一瞬だけマゴチがそれぞれ一匹釣れました。
昼前に、アジの残数がなくなり、平戸のスーパーまで、一旦買い出しに行きました。

マゴチが釣りたくて、エソは釣りたくなかったので、極力エサは動かさず、また、エサもエサ持ちの良いアジを中心にしました。
一本だけ投げてた虫エサの仕掛けに、巻き上げ中に食いついた一匹を除くと、マエソは二匹のみで、マゴチの方が多く釣れ、一応は作戦成功と思います。
二日目のその他の釣果です。







■三日目
ここまで、大物は九匹で、号数は五つ進みました。
あと一匹何とか釣りたい・・・
出来たら、Dランクのマゴチが欲しいところ。
三日目は、体が重く、波止の先端近くまでは歩きたくないと足が言ったので、波止の根本の方でスタート。
しかし、ここには潮が回ってこないことが海を見ていてわかったので、最初の日と同じく波止の真ん中付近までヘロヘロになりながら移動。
疲れているとか言っている場合じゃありません。

移動してすぐに一匹釣れました。やはり潮通しが重要です。

天候が悪くなりつつあり、大物がトータル10匹となったので、これで納得し、予定より一時間ほど早く撤収しました。

以上、今回の遠征では、寸タラマダイは別にして、大物10匹、内、マゴチは六匹で、号数も六つ進んで197号です。


【釣行日 】2014/10/19〜21
【時間  】:-:
【対象魚 】マゴチ
[ポイント]長崎県平戸市生月町
[水深  ]不明(10mくらい)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]若潮〜中潮
[水況  ]普通
[タックル]バトルサーフ 30-405、PAフリーゲンTD
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、カレイ針13号孫針仕掛け モトス8号、ハリス8号
[餌   ]アジ、イワシ、ユムシ
[釣果  ]
マゴチA3,B2,C1、エソA2,B1、マハタ
[備考  ]