2010年6月20日の全日本キス投げ釣り選手権


昨年は、全日本サーフの二大大会では初めて兵庫県を出て三重県で全キスに参加。マダイで他魚70位と、自分としては好成績であった。

昨年の全日本キスでマダイを釣り、もらった入賞バッチ。

さて、今回は東京に単身赴任となり、キスは関東よりも西日本、飛行機で遠征するならどこでも大差なしと、クラブのフグ名人師匠の参加者募集に乗っかって、51番志布志会場にエントリー。
ここは、過去兵庫協会WサーフのS井さんが全キスで優勝されたのを初め、他魚でも上位入賞の確率が高い場所である。「志布志」会場なのに、受付・検寸は志布志湾ではなく、内之浦のコスモピア内之浦。
先行している同じクラブのフグ名人さんを追って、土曜日夜現地入り。
エサは、東京フロンティアサーフの方に教えて頂いた川崎のエサ屋で、チロリと延長戦用のユムシを大量仕入れ。
今日の鹿児島は日本で唯一梅雨前線の真下にあり、局地的に大雨警報の出ている最悪のコンディション。
思わず受付がおわったら、機上から晴れ間が見えた宮崎に転進しようかと考えたほど。
しかし、雨でもやる準備は進めた。

リュックとか、ロッドケースは雨でグショグショになるので、必要最低限の道具だけ。
ハリスと予備針はベストのポケットに。
フグ名人師匠直伝のセットアップ。
こうすると、移動中におもりがブラブラしない。

受付直前も激しい雨で、出るにしても朝まずめのみにしようか本当に悩んでいた。
しかし、「時合いは開始直後」のフグ名人さんの一言と、「五回来たが、本賞の最低順位で20位代、最高2位」と話された方の言葉で、行けるとこまで行こうと、意を決して出撃決定。

入った場所はコスモピア内之浦の真裏、受付場所から殆ど歩いていない。
開始直後、小さいキスが釣れたが後が続かない。しかし、フグ名人さんがしゃべりに来ているときに投げた竿が、投げた手を離さずに糸ふけを取ろうとして煽り、まだ仕掛けが落ち着かない内に、グイグイ引っ張られだした。
「こっ、これ、なんかついてますわ(@_@)」。
で、締め込みを堪能して、初めてのコトヒキ。
しかも、Cランク。

初コトヒキ41cm
まさに、「出会い頭」の事故(^_^;)
〆ようとしたが、骨が太く中々ナイフが通らない。
尻尾で何回も砂を浴びせられ、思わず「砂掛け婆かっ!」

オスやったりして。(^_^;)

あまりの体高に最初チヌかと思ったが、ここのコトヒキは浜岡と違い、大変肥えているとのこと。
直後、今度はドラグを鳴らすアタリでAランク。
調子が良い。

コトヒキは群れで回っているので、すぐの手返しが重要とのこと。

満潮が0時過ぎだったので、丁度満潮からの引き始めである。
最初の二時間は、これ以外にも、小さいキス、ゴンズイ、小型エイなど頻繁にあたり、忙しかった。
しかし、潮が引くとサーッパリあたりがなくなり、時折雨もパラパラ。
朝には結構激しく振る時間帯もあって、8時にはギブアップ。
巨大なキスを期待したが、振り返れば17cm1匹だけ。どうやらキス釣りは下手なようだ。(^_^;)

検寸では、30cmは出ていたが、32cmを越えるようなものは出なかったらしく、他魚では45cmくらいのウシノシタが、「オーッ」の声を集めていた。
私の釣ったコトヒキは、「おーっ太い!」、「うまそう!」との声を頂き、検寸終了後「うまそう!」の声を戴いた方に差し上げた。

しばらく、コスモピアで休んだあと、延長戦を試みたが、さっぱり反応なく、雷と突風にたまらず撤収。
後で見たら、大雨洪水警報に竜巻注意報(@_@)
釣りは、安全第一です。

さて、昨年の成績を見てみる。他魚はスーパーランク割りと言って、各魚種のスーパーランク基準寸法を1として、割り算した数字で競われる。
昨年の私のマダイは、計測時寸法49.6で、ポイントはマダイのスーパーランクが70cmのため、0.708で70位。
マダイはDランクが60cmに対して、スーパーランクは70cmとスーパーランク基準はDランクより大きい。しかし、シマイサギ(コトヒキ)は、Dランク45cmに対して、スーパーランクも45cmと同じ。
41÷45=0.9111
昨年の成績表と照合すると、13位相当(@_@)
結果発表までにはまだかなり時間が掛かるが、これは過去最高の成績だ(^^)。

【釣行日 】2010/06/20
【時間  】1:00-8:00
【対象魚 】キス
[ポイント]鹿児島県肝属郡肝付町北方コスモピア内之浦の直ぐ裏の砂浜
[水深  ]不明
[気象状況]大雨
[水温  ]?℃
[潮   ]小潮
[水況  ]普通
[タックル]Pro Surf 405BX-T、Pro Surf PA
[仕掛け ]遊動Hit天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針13号モトス8号、ハリス4号
[餌   ]チロリ
[釣果  ]
コトヒキC1、A1
[備考  ]