1999年10月11日のアジュール舞子


連休三日目の今日は、さすがに釣りはお休みのはずだったのですが、午前中に昨日淡路島で出来なかった芋掘りを神戸市内でやりまして、ギネス物の巨大サツマイモ(直径25cmくらい、殆どかぼちゃ)をゲットした勢いで、ファミリーフィッシングでアジュール舞子に出撃しました。
15:30今日は真剣にあじを釣るつもりでレンガを2個と、ハゲ釣り用として、青イソメを¥500分だけ用意しました。
最初に投げ竿に流線7号の超安物市販仕掛け(10組\180)をセットして、青イソメをつけて軽く80mくらい投げました。
次にさびきを準備して、とりあえずかみさんに任せます。
さびきも、投げも全くだめな状態が30分くらい続いたあと、かみさんのさびきに待望のアジが、丁度そのとき投竿にも、小さいハゲが掛かってました。
エサを付けて、また投げて一旦様子を伺いに散歩。
やはり、釣れているのは、ハゲの小さいヤツだけです。
戻ってから投竿を立てると、これが重い!
どうせ海草かなんかだろうと思ってましたが、足元まで来た所で海面を見て「あっ!、カレイや」でっかい声で叫んでました。
慎重に抜き上げて目の前まで来た時です。
バタバタ、プッツン。
目の前から獲物が逃げていくのを見るのは、2回目です。
この前はたしかタコ。
本当にスローモーションの様に、おかずサイズ(25cm以上30cm未満)のカレイが一度ベランダの手すりの下でバウンドし、海に帰っていきました。これを上げていたら、休日で人出の多いアジュール舞子で私がスーパースターだったはず。それが一転して、ただのバカ。(T_T)
気を取り直して、仕掛けを13号カレイ針の自作仕掛けにチェンジし、竿も2本にして、打ち返しを続けますが、その後は当然の様に、竿が曲がる事はありませんでした。
ハオコゼは、いっぱいいたけど。
かみさんのさびきの方も、あじが2尾(内バラシ1)釣れただけで終わってしまいました。
巨大なボラは2回も掛かりましたが。

それにしても、10月11日はカレイが釣れ始める日と決まっているのでしょうか。しかも時間は午後4時頃。
去年と少し違ったのは、今夜のおかずがカレイで無い事。(T_T)

釣れるときは、\500の青イソメでも掛かります。
昨日、一昨日のマムシ合計\4000は何だったの?


【釣行日 】1999/10/11
【時間  】15:30-17:00
【対象魚 】アジ、ハゲ
[ポイント]アジュール舞子(舞子タワーの下)
[水深  ]不明
[気象状況]晴れときどきくもり、風がきつい
[水温  ]?℃
[潮   ]大潮
[水況  ]普通
[タックル]シマノ サーフリーダー425CX-T、シマノ スーパーエアロEV
      シマノ ホリデースピンHG25-420、シマノ パワーエアロ6000
[仕掛け ]ジェット天秤25号
      道糸ナイロン5号、市販仕掛け流線7号← これが敗因
      自作仕掛けカレイ針13号モトス6号、ハリス3号
[餌   ]青イソメ、アミエビ
[釣果  ]アジ1、ハゲ1
[備考  ]悔しくて、今夜は眠れそうにない。