1999年10月13日の江井ヶ島


ついにやりました。今シーズン初カレイ(^^)v

一昨日のバラシが悔しくてたまらないので、会社をさぼって(休暇をいただいて)久々の平日釣行となりました。
潮を確認すると、本日の明石の満潮は午前11時頃。
干潮の時間帯は、まだ暗くチャリコくらいしか期待できないので、狙いは満潮からの引き始めと、夕方の干潮からの満ち始めに絞ります。
釣行した場所は、私にとっての「聖地」江井ヶ島海水浴場(砂浜部分)です。
昨年、初めて投げ釣りをして25cmのマコガレイを釣った場所です。
10:30超遠投用に用意してきたプロサーフSF425BXに「自作仕掛け」をセットし、マムシを針いっぱいにまっすぐ付けて第一投。エサ取りのハゲ、クサフグが多そうなので、ハリスまではたくし上げませんでした。
続けて、プロサーフ425CX-Tをセットアップ。
潮は殆ど止まっていました。数分して巻き上げると、エサは少しだけですが残ってました。ハゲが減ったのか、ここは元々少ないのか、なにしろ期待の持てる状態です。
11時頃、空合わせをすると、竿が重い!。潮は左に流れ始めていました。巻き上げを開始してすぐにカレイと直感しました。慎重に巻き上げを続けていたのですが、途中で急に重くなりました。締め込みではなく、大きな海草でも引っ掛けた様な重さです。ポンピングしないと巻けなくなり、何回かポンピングした所で、やっと石積みから投げた人とのお祭りである事がわかりました。竿を引っ張ると、海面からカレイが姿を現しました。ところが、天秤も二つ見え、一瞬どちらの仕掛けに掛かっているのかドキドキ物でした。
近くに寄って見て、自分の仕掛けに食っているのを確認し、ホッ。
お祭りした相手に、「私の仕掛けに食うてますわ」と告げると、相手のオおじさんは、苦虫を噛み潰した様な顔で、「その様やな、ええのん上がっとる」。でも、見た目には先日バラしたヤツよりは少し小さい感じです。計測すると24cm。まっ最初はこんなもんかな。

その後、時合い到来かと、竿を3本にして待ちますが、アブラメの小さいのとセイゴが釣れただけで、不毛な時間が続きました。
夕方になり、干潮からの満ち始めに期待しましたが、釣れたのはキューセン1尾のみ。やっぱり今シーズンもカレイは1回に1〜2尾のペースの様です。
取りあえず今日は、狙い通りに釣れたので良しとしよう。
完全にシーズンインした事が分かったので、次回からは型狙いだ!


【釣行日 】1999/10/13
【時間  】10:30-17:30
【対象魚 】カレイ
[ポイント]明石江井ヶ島海水浴場
[水深  ]浅い
[気象状況]くもり
[水温  ]?℃
[潮   ]中潮
[水況  ]普通(きれい)
[タックル]シマノ サーフリーダー425CX-T、シマノ スパーエアロEV
      シマノ プロサーフ425CX-T、シマノ パワーエアロ6000 ← 当り!
      シマノ プロサーフS425BX、シマノ スーパーエアロEV
[仕掛け ]Lキャッチ遊動27号、ジェット天秤30号、25号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針13号2本モトス6号、ハリス3号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]マコガレイ24cm 1尾、セイゴ、アブラメ、キューセン各1尾
      スレで小さい渡り蟹1
[備考  ]自作仕掛けで無ければ、お祭りの時仕掛けが切れていただろう。