1999年10月16日の大蔵海岸


はっきり言って絶好調です。今日の読みもほぼ当りました。
午前中は、10時が時合いと読んで、変化球のメイタをゲット。
午後は、3時頃との読みに対して1.5時間ずれましたが、2回目の下げ始めの午後4時30分、29.5cmのマコガレイをゲット。
3枚目です。

午後3時、ないめんさんとの待ち合わせ場所である大蔵海岸マリンバレス裏に到着。潮は予定通り止まっていました。早速、竿2本にマムシを少なめに差して、投入。エサ取りは相変わらずで、近投は特にひどい状況でした。
3時15分頃、ないめんさんと合流。しばらくたつと潮は下げ始めました。そのしょっぱな、ないめんさんが青ベラをゲット。ないめんさん宅では不人気との事で私のバケツに。
私は、相変わらずエサ取りとの戦いを続けていました。
ようやく釣れたのは、10cmほどのクラカケトラギス。この魚、私の持っている図鑑では、最高の天ぷらダネと書いてあり、小さくてもカラアゲにするとおいしいので、キープ。
その後も小さいハゲと、小さいトラギスしか釣れません。
そこへ、タコ釣り体制で夏パパさんが登場。後から平田さんも来られるとの事で、ミニOLMみたいでした。
4時頃、下げ始めた潮が一回止まり、その後かなり速い速度で下げに入りました。私の潮上にないめんさんが入っておられましたが、さらに潮上の人とお祭りをするに至り、2本は不可能と思って、手持ちの1本竿にします。
手持ちに変えた数投目、だいぶ流れたので、巻き上げようかと竿をあおると、ズシッと来ました。魚信は全く感じなかったのに。
巻き上げ途中で、カレイ特有の締め込み。見た目は先日バラシたのと同サイズ。抜き上げて、計ると29.5cm(^^)
40オーバーに確実に近づいているかな。
その後、時合い到来かと再び2本体制にしましたが、結局1尾でした。
その後、20cmくらいのクラカケトラギスを追加して、夜に宴会があるため、17:45納竿。ないめんさんと平田さんはタチ狙いで半夜の体制でした。釣れたかな?

調子が良いので、明日もがんばるぞ!
でも、明日の潮は得意の満潮からの下げはじめが、夜の一回しか無いので、狙いはやはり10時ごろか?
どこへ行こうかな。


【釣行日 】1999/10/16
【時間  】15:00-17:45
【対象魚 】カレイ
[ジャンル]投げ
[ポイント]明石大蔵海岸
[水深  ]不明(深い)
[気象状況]くもり
[水温  ]?℃
[潮   ]小潮
[水況  ]普通
[タックル]シマノ サーフリーダー425CX-T、シマノ スパーエアロEV← 当り
      シマノ プロサーフ425CX-T、シマノ スーパーエアロEV
[仕掛け ]ジェット天秤30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針13号モトス6号、ハリス3号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]マコガレイ29.5cm 1尾、クラカケトラギス3尾、ハゲ2尾
[備考  ]結構根ズレするので、力糸の点検が不可欠です。