1999年11月3日の南二見


一匹の魚にこんなに苦労した日は、ちょっと記憶が?

5:00AM、今日は若潮で、午前中は明石ではずーっと下げ潮。
新波止のテトラからは恐らくダメだろうと言う事で、11月に入った事でもあるし、大きなイシガレイが出るという舞子のマンション裏に向かいました。
が、二軒あるエサ屋の駐車場は既に満車!
やはり、あそこは平日釣行でないと場所の確保は相当困難。
しかたなく、春に38cmを釣った新波止西側の護岸に向かいました。
水深が浅いので、チャリコは期待出来ませんが、ハネ、スズキの実績はある様なので、取り敢えず竿1本でスタート。
しかし全く魚信がありません。
その内、夜が明け祭日と言う事でどっと人が繰り出してきます。こともあろうに、断りも無く3m右に入るヤツも出る始末。しかも、竿を3本も出してます。
これですっかりやる気がなくなり、気持ちが竿に伝わったか、ハゲ狙いをしていた、ハゲ針6号の仕掛けに小さいゴンズイが釣れたのみ。前日の雨で濁りがきつく、海の中はまるで夜だったみたいです。
結局、AM10:30にそこをあきらめました。一度は、テトラに変わろうかと思いましたが、思っている時になんと底引き漁船が、テトラの南5〜60mを3回も往復しました。
あそこは当分だめでしょう。
で、釣り場を求めて、西へ向かいました。
林崎・・・すごい人!
松江海岸・・すごい人!
江井ヶ島海水浴場・・・すごい人!
江井ヶ島漁港・・・三角テトラの波止は3m間隔!
11月期間限定のにわかキャスターがフル出場の様相です。

結局、南二見(東二見人工島)まで行きました。
ここで投げ釣りをするのは初めてですが、テトラからの釣りには結構慣れてきたので、チャレンジしました。
ここもすごい人の数ですが、釣り場が広いだけに、入れる場所はありました。
ねじまきどりさんの真似して、取り敢えず竿2本で近投で攻めます。
しかし・・・エサがなくならない!
エサ取りはだいぶ減ったようです。明石の波止でも結構エサが針に残ってました。
近投がダメなので、竿を3本に増やし、セオリー通り遠、中、近に投げ分けます。しかし、引かない。
一回だけ青イソメの房掛け近投の竿に魚信がありましたが、乗りませんでした。房掛けはこれが弱点。
不毛な時間が続きます。ついに、横付けした車の中で竿の監視。正統派東二見流?
あんまり暇なので、波止では使うまいと思っていた、並継ぎも登場。
結局、食べられる魚を見ないままPM4:30になり、納竿しようと巻き上げて、最後に巻いたプロサーフSF(並継ぎ)が重い!
最後なので、フルスイングしてました。今日は遠投が良かったみたい。
かたーい竿なので、魚信はわかりませんでした。きっとナイロンの道糸だけで吸収したのでしょう。
抜き上げると、26cm。
その後、再び4本投入しましたが結局、12時間に及ぶ釣行で食べられる魚はこれ一匹。
キス釣りがなつかしい。(^^;


【釣行日 】1999/11/3
【時間  】5:00-17:00
【対象魚 】カレイ
[ポイント]明石新波止、南二見(東二見人工島)
[水深  ]不明
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]若潮
[水況  ]新波止は濁りあり、南二見は比較的澄んでいた。
[タックル]シマノ サーフリーダー425CX-T、シマノ スーパーエアロEV
      シマノ プロサーフSF425BX、シマノ パワーエアロ6000
      シマノ プロサーフ405BX-T、シマノ スーパーエアロEV
      シマノ ホリデースピンHG25-420、シマノ スパーエアロFV
[仕掛け ]遊動海草天秤30号、L型遊動天秤、ジェット天秤25号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス6号、ハリス5号
[餌   ]マムシ、青イソメ
[釣果  ]マコガレイ 26cm 1尾 イイダコ 2ハイ
[備考  ]海底の変化は乏しい釣り場なので、良い潮でないと今一つ?