1999年11月13日の福泊


最初昨年46cmのイシガレイが出たと言う、明石松江海岸に行きました。
AM4:00でも3番で、行きたかった石積みには入れず隣の石積みへ。
夜釣り仕様の仕掛けにマムシを大きく付けて、投入。
しばらくして竿を上げるとエサが無い! いやーな予感。
案の定、松江海岸はフグ天国になっていました。
あんな巨大なクサフグ初めてみました。30cm近かったです。
でも、確かにクサフグ。でかいけど、リリースしかありません。
その後立て続けに、ハリス(8号)を3回切られ、まだ夜が明けないのにやる気がなくなり、サッサと片づけ。
ここがダメだったら、明日行こうと思っていた、姫路の福泊港に転進。
何となくの位置しか頭に入ってなかったので、結構道に迷い、当初の目的地の西波止では無く、福泊キャンプ場の東波止に入ってしまいました。要するに、大塩海岸の西側の白浜海水浴場の西側の港の西です。
波止の先端には、ジモティーとおぼしきじいちゃんが一人、でもちょい投げではなく、ちゃんと投げ竿(サーフリーダー他)を使ってました。
お話しをうかがうと、一昨年はここでもカレイが良く釣れたとの事。
(去年はもう一つとの事)
世間では姫路方面は、小型の数釣り場と言う事になっているので、12号カレイ針2本の仕掛けでスタートします。
が、要するに大塩海岸と目と鼻の先だけあって、テンコチ、テンコチテンコチ、テンコチ、テンコチ・・・・・・・・・・・・
じいちゃんの方は、良型キスをポツポツながら釣ってます。針が流線8号で、エサが青イソメとの事。姫路のキスはマムシはお口に合わんらしい。
3本目の竿を出した時、やっぱりテンコチが釣れていたのですが、上がって来たテンコチの体が半分ありません。きっとヒラメの仕業です。ならばと言う事で、孫針付きの仕掛けを取り出し、テンコチをエサに一応ヒラメを狙ってみます。本来は、キスをエサにしたかったのですがじいちゃんには釣れるが、私には釣れない。針を丸セイゴ9号に変えて、マムシを小さく付けてみても、釣れるテンコチが小さくなるだけ。
仕方ないので、1時間くらいはテンコチのままヒラメ狙いをやりました。しかし、ゆるゆるに緩めたドラグが鳴る事はなく、結局あきらめました。本当にテンコチしか釣れないので、もう場所替えしようかと思い始めた9時30分、サーフリーダーをググッと締め込み、28cmのマコガレイが釣れました。おるんやないのと言う事で、集中攻撃に入ります。
しかし、その後はセイゴと青ベラ、それに1尾だけのキス(18cm)、ハゼが釣れただけでした。これまで釣れたテンコチを全て持って帰り、食べていたさすがの私も、途中からは全てリリース。テンコチは50尾近くは釣ったでしょう。それと、松江海岸で見たのと同サイズのクサフグも2尾釣りました。クサフグものっこみなんでしょうか?


【釣行日 】1999/11/13
【時間  】6:00-14:00
【対象魚 】カレイ
[ポイント]姫路福泊キャンプ場東波止
[水深  ]不明
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃
[潮   ]小潮
[水況  ]やや濁り
[タックル]シマノ サーフリーダー425CX-T、シマノ スーパーエアロEV
      シマノ プロサーフSF425BX、シマノ パワーエアロ6000
      シマノ プロサーフ405BX-T、シマノ スーパーエアロEV
[仕掛け ]遊動海草天秤30号他
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針12号モトス6号、ハリス4号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]マコガレイ28cm 1尾、12cm 1尾(リリース)、セイゴ25cm 1尾
      キス18cm 1尾、青ベラ 22cm、19cm 各1尾、テンコチ50尾近く
      (テンコチキープは12尾)、ハゼ18cm 3尾
      ショウサイフグ3尾
[備考  ]船の往来が激しい