1999年12月4日の明石新波止


カレイOLMの前から、どうも調子悪かったのですが、今日はホームで又も1尾ながら、マコガレイ27cmをゲットできました。
相変わらずエサ取りは多く、\3000のマムシが竿2本で、昼まで持ちません。
でも、エサ取りのサイズがそれなりに大きくなっていたのが救いでしょうか。
午後の部もやりたいところですが、珍しく今日は午後から仕事をしなくてはなりません。(T_T)
明日は、一日淡路のつもりが、天気が崩れそう+奥様からお買い物命令が出たので、出来ても半日になってしまいました。トホホ。
所で、今日もあの場所で、竿尻が浮きました。
残り物の6号モトスの仕掛けであった為、強引に煽ったところ、モトス切れで取りこみ失敗。大物釣り師のみなさま、だれか正体あばいて〜。(釣り上げて)
※いつも近投で、浮く気がする。

PS.やっぱり、私は新波止が好きだ。流れが速く、そこそこ
魚信はあるので、退屈せずにスポーツした実感が残る。


【釣行日 】1999/12/4
【時間  】6:30-11:00
【対象魚 】カレイ
[ジャンル]投げ
[ポイント]明石新波止
[水深  ]不明(深い)
[気象状況]晴れ
[水温  ]?℃(高い)
[潮   ]中潮
[水況  ]普通
[タックル]シマノ サーフリーダー425CX-T、シマノ スーパーエアロEV
      シマノ プロサーフ425CX-T、シマノ パワーエアロ6000
[仕掛け ]遊動L-CATCH30号
      道糸ナイロン5号、自作仕掛けカレイ針15号モトス6号、ハリス4号
[餌   ]マムシ
[釣果  ]マコガレイ27cm 1尾、チャリコ(21cm)1尾、ハゲ(18cm) 2尾
      青ベラ24cm 1尾、クラカケトラギス 17cm 1尾
      ガシラ15〜20cm 3尾
[備考  ]