左利き用工作ハサミ


投げ釣り生活小物第一号は、「左利き用工作ハサミ」です。

さて、これはどう言う風に使うかと言いますと・・・・
私はキスの引き釣りをする時に、徳島・高知方面の先生方、及びその先生方に習った方から、キスの引き釣りを習ったことにより、エサ付けをする時に竿立てを使わずに、竿を抱え込んでエサ付けをするようになりました。
つまり、しゃがみこんで竿尻は左太ももの下、胴は右腕の関節で支えて、仕掛けを右手で持って、エサを左手で持ち針に刺す。
こうすることで、効率良くエサ付けが出来ます。この時、リールハンドルが左巻きであれば、さらに便利が良いのですが、如何せん右巻のクセがどうしても直らないので、途中で仕掛けの持ち替えと言うムダな作業が生じてしまいますが。(^_^;)
話が横道に逸れかけましたが、本題。
夏は殆ど毎週のようにキスの引き釣りに行くので、それが体にしみこんだ結果、秋冬春のカレイ釣りでもそのようなスタイルでエサ付けを行います。
ここで一つ問題が生じます。つまり、キスのエサのイシゴカイやチロリは、左手でエサを付けた後、左手の親指のツメと人差し指の腹できつくつまむと切れますが、カレイ釣りのエサ、特にマムシはそのような訳には行きません。頭の部分は固くて、噛まれそうですし、下の方はそんなつけ方をしようものなら、指がマムシの体液まみれに・・・・(^_^;)
そこで、これまでは地べたに置いたマムシを工作ハサミで左手で切っていたのですが、これが極めてやり難い。
みなさんも一回試せば直ぐに分かりますが、左手で右利き用のハサミを操作すると、どうしても刃先が離れる方に力が掛かってしまい、刃の間にマムシが挟まってしまうのです。紙を切ってみたら直ぐに分かります。
それで、以前から左利き用のハサミはないかと、スーパーや100均などで、時々文具コーナーを見ていました。
左利き用の洋裁バサミは見つけていましたが、あれでは釣り場には持って行けないし、鉄なので直ぐに錆びてしまいます。
結局、少し大きめの文房具専門店でついに、ステンレス製の左利き用工作バサミを発見。すかさずゲットしたわけです。
左手で紙を切ってみると、右利き用のハサミで紙を切るのとは比べ物にならない使い易さ。ヽ(´▽`)/へへっ
春になったら、デビューの予定となっております。
ところで、釣り専用のPEなどが切れるギザ付きバサミの左利き用って、どこかのメーカで出してませんか?
左利きの方、知ってたら教えて下さい。m(_ _)m